任意整理というのは借金の整理というようにも言われおのおのの債権者に借金の支払いを継続することを選択した債務整理の手だてのことをいいます。実際としての手続きとしては司法書士事務所とか弁護士事務所貸方と債務者との仲介をして示談し利息を定めている法律に照らして利息の再計算をして再計算した借入金の元金の年利をカットした方法で3年前後の期日をめどに返済をしていく債務の整理の方策です。この任意整理には各種裁判所などの国家機関が管理しないので別の計画と比べても、採用したときにおける不利な点があまりなく、方策は依頼者にとってあまり圧力にならないので、まず最初に選択してほしいやり方だといえます。さらには、債権者がサラ金業者のように法外な年利の場合には、法が明記している金利をゆうに超えて振り込んだ借入金利分においては借金の元金に適用できると判断され借金の元金自体をカットすることも不可能ではありません。ですので、サラリーマン金融のように大変高額な借入金利のところに対し長い期間返済し続けている例では期待以上のお金を減額できるようなこともありますし10年近く返してきたケースだと借金そのものが消滅する可能性もあります。借金の整理のポイントとすると破産宣告とは異なってある部分のみの借金だけを整理することになるので他の連帯保証人がいる負債を除き整理をしたい際や自動車ローンの分以外で検討したい際などでも使うこともできますし、全ての財産を処分することが求められていないため、貴金属やマンションなどの自分名義の財産を持っているものの、放棄したくない場合においても有力な選択肢になる借金整理の手続きといえます。ただ、今後返済する額と実際としての所得を比較し、常識的に見て完済が見通せるようなら任意での方法を選択するほうが良いですが自己破産と違って負債そのものが消えてしまうという意味ではありませんので負債の量がかなりある場合には、実際問題として任意での整理の選択肢を選ぶのは容易ではないと考えるのが無難でしょう。