始めに、破産を手続きするまでの間は返済者その人へ対する電話を使用しての返済要求と債務のある当人の自宅への直接訪問によった集金は無法にはならないということになっています。また、破産の書類手続きに進んで以降、申し込みまでに無駄な手数がかかるときには債権保有者は強硬な収集を実行する危険性が増えます。債権保有者側にとっては残金の払込もされずに重ねて破産といった司法上の処理もしないといった状況であれば会社内部で完結処理をやることができないせいです。それだけでなく債権保持人の中にはエキスパートにつながっていないと気づいたならけっこうきつい回収行為に出る人も出てきています。司法書士の方か弁護士団体に頼んだ場合には、各々の債権者は依頼者に関しての直接取り立てをやることが不可能になります。SOSを伝えられた司法書士の人や弁護士の方は依頼を担うと記載した書類を各取り立て業者に送ることとなりその通達を手にとったとき依頼者は取り立て会社による返済請求から解き放たれることになります。なお、取り立て企業が会社や親の家へ訪れての返済要求は貸金業法規制法の条項で禁止事項になっています。貸金業で登録が確認できる企業であれば勤め先や実家へ行く取り立てが法律に抵触しているのを理解しているので、法に反していると言えば、返済要求を継続することはないと言えます。破産に関する手続き後は申請者に対しての集金を含めて、全種類の徴集行為は禁じられます。よって、取り立て業者からの返済要求行動はまったくなしになるということになります。けれどそれを知っているのに訪問してくる取り立て屋も存在していないとは思えません。事業として登録が確認できる企業ならば、破産に関しての申請後の収金が貸金業法のガイドに抵触しているのを分かっているので、その旨を伝達すれば、違法な徴集を維持することはないと言っていいでしょう。といっても違法金融と呼ばれる登録外の企業については予測外で、違法な集金などによる被害者が増え続けているのが現状です。闇金が取り立て企業の中にいるかもしれないときはどんなときであれ弁護士事務所や司法書士の方などの専門屋に助力を求めるのがいいと考えます。